The Rev Saxophone Quartet

上野耕平(Sop.)、宮越悠貴(Alt.)、都築惇(Ten.)、田中奏一朗(Bar.)のサクソフォン奏者により2013年結成。これまでに全国各地でリサイタルやアウトリーチ活動など様々な演奏活動を行う。サクソフォン四重奏のためのレパートリーはもちろん、新曲の委嘱や初演、ピアノや邦楽器などとの共演も積極的に行っている。

サクソフォン四重奏の可能性を切り拓く、上野耕平率いる話題のクヮルテット。まろやかな響きと歌心を持つ彼らが演奏するのは、サクソフォン四重奏の古典中の古典、ロシアの作曲家グラズノフのサクソフォン四重奏。さらに、文化統制厳しいソビエト政権下で、当時禁止されていたジャズのイディオムを西欧からのラジオ放送を傍受して習得した、特異な作曲家カプースチンによるピアノ作品「24のプレリュード」。メンバー宮越悠貴が編曲して披露。

The-Rev-Saxophone-Quartet