小山あずさ/杉浦文

小山あずさ(ヴァイオリン)

埼玉県出身。東京藝術大学にてヴァイオリンを澤和樹、小川有紀子、花田和加子の各氏に、室内楽を澤和樹、花崎薫、松原勝也、山本裕康、山崎貴子、野口千代光、大友肇の各氏に師事。大学卒業と同時に仙台フィルハーモニー管弦楽団に入団。自身の企画するリサイタルや室内楽プロジェクトは毎回大好評を博すなど、新進気鋭ヴァイオリニストとして精力的に演奏活動を展開している。

koyama-zusa-vi

杉浦文(ヴィオラ)

第36回コンセール・ヴィヴァン新人オーディション優秀賞。上山音楽祭””ル・シャトーかみのやま””、堀米ゆず子アカデミー2017等に参加。現在、東京藝術大学4年在学中。

p-杉浦文